心も洗われる!?都内の湧き水スポット5選

心も洗われる!?都内の湧き水スポット5選


都内でも自然を感じられる場所がある!

都内は高層ビルが立ち並び、自然とは無縁のイメージを持っている人も多い場所です。しかしながら、都内に住むと意外と緑の多いことに気が付きます。東京都といっても、実は23区以外もありますし、村だって存在するので自然を身近に感じられるところはあるものです。
今回はそんな都内の中でも湧き水が得られるスポットをまとめてみました。日頃の忙しさに疲れたら、水のそばで癒されるのも良いかもしれません。

柴又帝釈天でご利益を

江戸川のほとりにある柴又帝釈天は、京急「柴又」から徒歩5分の場所にあります。寅さんで有名なところとあって、参道は平日でも賑わいをみせています。自然水がもらえるとあって参拝の帰りに持ち帰る人も多いことで知られています。御神水と呼ばれ、境内左手にあり、ペットボトルなどで持ち帰ることができます。鉄分を含む水で、古くから健康に良いと飲まれている湧き水です。

都会の真ん中にある明治神宮御苑

渋谷区にある明治神宮御苑には、東京の名湧水57選にも選ばれた湧き水があります。都会の真ん中にあって、訪れる方も多い模様。近年のパワースポットブームによって湧き水の知名度も上がっているようです。
かつて加藤清正の下屋敷があったことから清正の井と呼ばれています。本殿倉庫付近の丘から流れているとされ、水質の良い湧き水が出ています。ただし、検査などをしていないため、飲用は自己責任となっており、最近は警備員の方に止められることもあるようです。

飲用以外の使用なら亀戸香取神社

江東区にある亀戸香取神社には、亀が井と呼ばれる湧き水があります。スポーツの必勝祈願や受験の合格祈願などで訪れる人が多い場所です。
JR亀戸駅から徒歩10分とほど近く、湧き水は手水舎ではないので、採水も可能です。残念ながら飲用には不向きですが、表流していない水のため、湧き出したばかりの水を得ることができます。

湧き水スポットといえば等々力渓谷

湧き水スポットとして有名な場所といえば、等々力渓谷は外せません。東急大井町線「等々力」から徒歩5分というアクセスの良さも人気の理由の一つです。東京名湧き水57選にも選ばれており、およそ30箇所も湧き水が湧きだしている場所でもあります。渓谷内には、等々力不動尊があり、境内にも湧き水スポットがあります。
境内の湧き水に関しては、飲用には適さないという注意書きがありますが、飲用が禁止されていないので汲んで帰る人も多い水です。大自然の中で冷たい湧き水を楽しめるのが大きな魅力となっています。

幸せをつかみたかったら多幸湧水を手に入れよう

東京23区内にも沢山湧き水が得られる場所があるのですが、特別な湧き水として神津島多幸湾海岸から湧き出る水があります。湧水点からあふれる水量は豊富で、年中清廉な水を得られると評判です。東京の名湧水57選にも選ばれており、天上山から水が流れ出ています。
神津島港から車で15分ほど、観光客のみならず地元の人もペットボトルで汲みに来るスポットです。おいしいお水は、島のお店で飲ませてもらえることも。冬でも水量が豊富で、飲むと多くの幸せがやってくると言われており、多くの人が水を持ち帰っているのを見かけることができます。

都内には沢山の湧水があります

意外と知られていないのですが、東京の名湧水57選が選ばれている通り、都内には数多くの湧水が湧いています。飲用不可の場所も多いですが、持ち帰りを禁止しているところは少なく、用途はさまざま。現地で手を洗うと冷たくて気持ちが良いところが多く、遠くに出かけなくても自然に触れ合うことができる環境にあります。今度の休日には、湧水スポットに出かけてみてはいかがでしょうか。

参考リンク

明治神宮御苑
等々力渓谷公園